第8回 「小さな習慣」のアウトプット②

読んだ本
スポンサーリンク

第8回 「小さな習慣」のアウトプット②

 スティーブン・ガイズ著「小さな習慣」を読んで、付箋を貼った大事な言葉をアウトプットしていきます。
小さな習慣のアウトプットの第2回目となります。前回記事も是非ご参考下さい。
 この本は222ページ有ります。付箋を貼った場所は約40ヶ所です。

 

学んだ大事な言葉やフレーズ

〇 脳の中の通信チャンネルである神経回路。神経回路こそが、「習慣」を目に見える形にしたもの。

〇 目を覚ますとシャワーを浴びる。習慣づいていることは自動的に行われ、いちいち考える必要がない。

〇 習慣として定着していくにつれ、その行動と結びついた目に見える習慣「神経回路」は、どんどん太く強くなっていく。

〇 何度も同じ行動を繰り返すことで、「専用の神経回路」をつくり、それを強化していけばいい。

〇 人はストレスが増すと習慣的な行動に頼ろうとするので、悪習慣は負のサイクルを生み出してしまう。

〇 それに対し、ストレスが増せばスポーツジムに行く。等、良い習慣に結び付けることができれば、習慣が人生に与える影響は驚くほど異なるものになる。

〇 新しい習慣作りにかかる日数は平均66日

〇 新しい習慣を小さく始めて、60日経てば、習慣にはなっていなくても、1日目よりずっと簡単になっている。

〇 潜在意識の脳は「効率」が大好物。

〇 同じ行動を繰り返すことで、脳はそのプロセスを自動化することを学ぶ。これこそが、習慣を身に着ける理由。

第9回に続きます!

大樋町

 初めまして。大樋町と申します。「おおひまち」と読みます。
 私は、北陸地方住みのアラフォー社会人男性、読書愛好家です。
 実用書、小説問わず、子供の頃から本が好きで、私の人生、その傍らには常に本がありました。
 ずぼらで陰キャな私ですから、学生時代にいじめにもあったし、大人になってからもストレス性の病気で入院。なんてこともありました。
 そんな時でも、私を救ってくれたのが、実用書からの知識や、壮大なストーリーの小説達でした。
 ただ本を読むより、ちゃんと内容を理解して、それを生かすためにアウトプットする。
 そして、それをブログにアップすれば、そのまま情報共有できるじゃないか。との思いでこのブログを始めました。
 もっと言うと、こんなずぼらで陰キャな私でも、少なくてもブログをスタートし、新しい分野に一歩を踏み出せました。これも、本から学んだことがきっかけであり、その思いを共有できたらとの思いもあります。
 何の実績もない私ですが、ゆっくりコツコツと、自己成長を習慣化してきました。
 そして、これからも一歩一歩自己成長していきたい。できれば読者の皆様と。
 懇切丁寧を心がけてブログを運営していく所存です。
 皆様どうぞよろしくお願い申し上げます。

大樋町をフォローする
読んだ本
シェアする
大樋町をフォローする
本を読んで学んだ事をアウトプットしていくブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました