第12回 【生き方】完璧主義を止めた話【ずぼらシステム】

HOW TO
スポンサーリンク

私はずぼらなので、何事も意志に頼らずに物事を始める・進める仕組みを作る様心がけています。

自分で自分がずぼらだと認めたのは最近の話。

それまでは、自分が真面目で勤勉な人間だと思っていました。思い込もうとしていた。が正しいかも知れません。

自分で決めたこともやり通せないのか、、、。と自分を責めていた様な気もします。

そこで、一旦、「自分を自分でずぼらなのだと認めてしまおう!」

その上で、できることをしよう。と考え直しました。

某超有名バスケットマンガの監督も

    バスケがうまくなりたければ、自分の下手さを知りて一歩目なり

という様なことを言っていますし。笑

私は、元々が読書好きなので、本を手に取ることに抵抗はありません。

それでも、大好きな読書でさえやりなくないと思う日があるのは、当然と言えば当然です。

そこで「じゃあ、今日は本を読むのを止めてしまおう」と投げ出すのは簡単です。

なので、「読む気が出ない日でも、読める分しか読まない」とルールを決めて習慣化することにしました。

私の場合、読書は、

    25分読む

    もしくは

    10ページ読む

これだとストレスなく続けることができます。

他にも、ブログを書く時は、

    毎日50文字で良しとする

    もしくは

    1文字も書けなくても白紙の画面を見て10分考えればよしとする

というルールで進めています。

ルールと聞くと、やたら面倒くさいイメージがありますが、自分ルールを持っている人はどこか地に足をついて過ごせている様にも見えます。

自分がずぼらだと認め、その上で自分のできることをルール化する。

これだけで、ずいぶんと楽になりました。

毎日素晴らしい成果を上げている人から言わせると、ゆるい・ぬるい考えかも知れません。

それでも、何もしない・できないでいるよりははるかにマシだと断言できます。

こんなにゆるいルールでも、気分爽快で、充実した毎日を過ごせています。

大樋町

 初めまして。大樋町と申します。「おおひまち」と読みます。
 私は、北陸地方住みのアラフォー社会人男性、読書愛好家です。
 実用書、小説問わず、子供の頃から本が好きで、私の人生、その傍らには常に本がありました。
 ずぼらで陰キャな私ですから、学生時代にいじめにもあったし、大人になってからもストレス性の病気で入院。なんてこともありました。
 そんな時でも、私を救ってくれたのが、実用書からの知識や、壮大なストーリーの小説達でした。
 ただ本を読むより、ちゃんと内容を理解して、それを生かすためにアウトプットする。
 そして、それをブログにアップすれば、そのまま情報共有できるじゃないか。との思いでこのブログを始めました。
 もっと言うと、こんなずぼらで陰キャな私でも、少なくてもブログをスタートし、新しい分野に一歩を踏み出せました。これも、本から学んだことがきっかけであり、その思いを共有できたらとの思いもあります。
 何の実績もない私ですが、ゆっくりコツコツと、自己成長を習慣化してきました。
 そして、これからも一歩一歩自己成長していきたい。できれば読者の皆様と。
 懇切丁寧を心がけてブログを運営していく所存です。
 皆様どうぞよろしくお願い申し上げます。

大樋町をフォローする
HOW TO
シェアする
大樋町をフォローする
本を読んで学んだ事をアウトプットしていくブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました