第182回【コラム記事】生活費節約の工夫アレコレ【無理なく続いた習慣】

HOW TO

はじめに:

世の中、お金お金ではないですが、
お金でしかできない事もまた、
存在するのが現実であり、
お金の話は管理人も大好きです。笑

今回は、
凡人代表である私が、
無理なく続けられた節約の方法
をアウトプットします。

節約術とまでは言えませんが、
簡単で、単純で、
でもだからこそ今でも続いている、
確実に節約に繋がるテクニックたちです。

取り立てて新しい方法でもないのですが
参考になれれば幸いです。

無理なく節約:

プライベートブランド大好き

量販店やスーパーやコンビニでは、
よく『プライベートブランド』を見かけます。

商品を選ぶ際、
安さが目立つと、
品質には何か問題があるのでは?
と勘繰ってしまうのは人の特性で、
科学的な根拠もあるようです。

中東出身の
アイエレット・フィッシュバック教授によると、
人は、
インセンティブ(誘因)が多いほど、
品質やサービスから魅力を感じなくなる。
という特性を持っています。

安価なのに品質は完璧で量も多い!
ダイエット食品なのに安くて美味しい!

と聞いても、
何ら購買意欲をかき立てられない
のはその所為です。

プライベートブランドを、
選択肢から外しがちなのも、
複数インセンティブのなす結果
なのかもしれませんが、
ここで「節約」観点から、
プライベートブランドを見直してみる
のはありだと思うのです。

そもそも、
プライベートブランドが安いのは
なぜなのでしょうか。

プライベートブランドは、
自社において企画、開発し、
生産は他社へ委託する。
広告費などのコストをかける必要がなく、
その分を価格から引くことができる。
などの理由から安く価格設定されています。

地方においては、
店頭に並ぶまでの過程が少ないため、
消費者の意見が反映されやすい。
とまで言われています。

安かろう悪かろうでは
無かったわけですね!

同じ商品で
品質に問題無いのなら
安い方が、断然買いです。

手に取る商品を変えるだけでできる節約
ですから、続けやすいというわけです。
プライベートブランド節約の真骨頂は
ここにあると思います。

特段使っている物にこだわりが無ければ、
プライベートブランドも是非、
選択肢に入れてほしいです。

『水出し』のお茶で節約

毎日、
コンビニや自販機でお茶や飲料水を買う。
なんて事をしていると、
当然ながら節約はできません。

スーパーやAmazonで、
激安の飲料を持って歩く。
などの対処もあるのでしょうが、
私のおすすめは
水出しでお茶を作って持ち歩く
です。

ここは敢えて
『水出し』
を強くお勧めします。

水出しはその名の通り、
お茶っ葉を水に入れておくだけ
でお茶が出来上がります。
ものすごく簡単で、
手間がかかりません。
これが最大のメリットです。

お湯を沸かす。
という行為を省くだけで、
外でお金を使う習慣を一つ
消すことができます。

味も、
湯出しとそこまで変わりませんし、
冬でも、
冷たいお茶は口に美味しいものです。

緑茶も去ることながら、
ハーブティーも水出しで作り、
冷たくして飲むと、
ホットにはない爽やかな味を
楽しむことができます。

水出しは、
茶葉と水をボトルに入れて、
冷蔵庫で冷やすだけで、
自動で出来上がるので、
繰り返しになりますが、
圧倒的に「楽」なのです。

後はそれを持ち歩くだけで
節約ができてしまいます。

始める費用もそこまで高くないので、
是非是非生活に取り入れてほしいです。

料理は一度で数日分を作りおきする

一人暮らしの料理。
やればできるけど面倒くさい。
という方は、
一度に数日分を
作ってみてはどうでしょうか。

最初は「カレー」がおすすめです。
意識しなくても「数日分」ができあがります。
一度、作ってしまうと、
3日は自炊しなくても良くなります。

毎日、カレーじゃ飽きる。
という人は、
冷凍するのがおすすめ。
日を置いて食べればいいだけ。
腐りにくい冬なら、
カレーはお弁当にもできます。

自炊すれば、
外食やコンビニでお弁当を買うより、
断然、経済的。

これは分かっているのですが、
どうにも面倒くささが勝ち、
食指が伸びにくいのが自炊です。

一人暮らしだと、
困るのは自分だけなので、
ついつい外食や出前で
済ませてしまいがちです。

そこで、
少しでも手間を減らすために、
毎回作り置きを意識して調理し、
それを「冷凍保存」してしまいましょう。

一回調理すれば、
しばらくはしなく良い。
と言う感覚になれれば、
それほど料理も悪くない
と思えるはずです。

むしろ料理は、
慣れてさえくれば、
コンビニ弁当より美味しいし、
お金の節約にもなるし、
無心で料理している時間も好きになれます。

確かに、
毎日の料理は大変です。
たまには手抜きもしたいし、
キッチンに立つすら面倒な日もあります。
そんな時は、
冷凍庫から作り置きを取り出し
レンチンして終わらせてしまいましょう。
それでも十分美味しい料理は食べられます。
手抜きこそ、
継続の要でもあるのです。

おわりに:

工夫といっても、
「手抜き」の紹介
の様になってしまいました。汗

しかし、
手抜きという言葉も
見方によっては素晴らしいと
管理人は思うのです。

「時短」もある意味手抜きですし、
手抜きを駆使して、
もの事がうまく回るなら、
手抜きはもっと注目されるべきです。

今回は、
工夫という名の手抜きの方法紹介
になってしまいましたが、
どれも管理人が強く勧める方法ばかりです。
是非是非生活に取り入れてみてほしいです。

大樋町

大樋町

初めまして。
大樋町と申します。
「おおひまち」と読みます。
北陸地方住む、アラフォーの読書愛好家です。
日頃は通訳などを生業としております。
良い本は心の友。
私の友人たち(愛読書)から学んだことをアウトプットする場としてブログを書いております。
毎週、月曜日にブログを更新中。(少ないw)
ありがたい事に、
読者様が増えてきたから身を引き締めねばw

大樋町をフォローする
HOW TO
シェアする
大樋町をフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました