第198回:2023年に買って良かった物ベスト3

HOW TO

はじめに:

遅ればせながら、
昨年に購入して良かった物ランキング
を発表したく存じます。

自分が何を買って満足したのか
振り返りがしたかった。
と言うのもありますが、
特にQOLを上げてくれたアイテムは
是非是非シェアして、
その効果を体験してみて欲しいです。

今回取り上げるアイテムは
お値段お高めではあるのですが
※管理人感覚です。
使えば使うほど
「買って良かった」
とうなずく逸品ばかりですので
どうぞ今しばらくの間、
本ブログにお使いください。

買ってよかった物:

Kindle端末

実用書や教養書、学問の基本書は
鉛筆で線引をするので、
紙の本を使う派ですが、
小説やいち早く読みたい本は
Kindle端末
が断トツで便利です。

こと新書を入手する
手軽さと快適さは群を抜いています。
まさに指先一つで、
数秒で読みたい本が手に入ります。
読み終えると
次作のリストが提示され、
検索する必要すらありません。

大量に本を買っても、
それらの本が嵩張ることもなく、
頻繁に割引などもされており、
金銭的な旨みもあります。
紙の本の様に、
持ち運び中に折れ曲がる事もないので、
旅行などに持参するなら
Kindleの方が最適です。

アンダーラインや実線も
引けないわけではなく、
大事な箇所にはブックマークも
ちゃんとできます。

ブルーライトも最小限なので、
寝る前にスマホを触るよりは
Kindleを触っている方が
睡眠の妨げにもなりません。

読者に関する、
買う手間、片付ける手間、読む手間、
がすべて少なくなるので、
本との距離もグッと近くなるはずです。

Nintendo Switch

昨今の各企業内では、
SF作家を招き、
自社の未来について助言をもらう
という戦略が盛んに行われている
ことをご存知でしょうか。

笑い話ではなく、
現実に行われている
企業マーケティングです。

まだ見ぬ未来を見越すため、
SF作家を会社に招き、
作家が描いた「未来」から
バックキャスティングして
企業方針を決めるやり方が、
実際にどんどん成果を上げています。

イーロンマスクの企業戦略はその典型で、
火星への移住
とだけ聞くと、
それはまるでSFの世界ですが、
実際には驚くほど現実的なレベルで
成果を上げているそうです。

自動車を作る会社が、
スペースシャトルを作り、
火星への移住にまで切り出す。
これを果たして
日本の企業はマネする事が
この先できるでしょうか。
その発想すら出てこなさそうで恐いです。

イーロンマスクやSF作家にあって
そうでない人たちに無いものは何か?
お察しの通り、それは
「想像力」
と呼ばれているものです。

そしてその想像力は
ゲームや小説などの
「壮大なストーリー」
に触れることで、
養うことができると言われています。

ゲーム機なんて
子供じみたチープなもの要らない。
真面目な大人からは
そう聞く時もたまにはあります。

友人からは、
学生じゃないんだから、
ゲームなんかしてる場合か⁈
と野暮ったい叱責も受けることもしばしば。

スマホゲームに興じる大人が増加し、
大人がゲームに熱を上げる姿に
嫌悪感を抱く人も
確実に存在しています。

しかしながら、
楽しみながら想像力を鍛える事ができる
優秀なツールがゲーム機です。
人生から切り離すには、
あまりにもったいないです。

繰り返しを強要されがちな
スマホゲームよりも、
壮大な物語に触れることができるゲーム
を強くお勧めします。

逆に最新のスマホは「買わない」

最後は買ったものではなく
買わなくてよかったもの
を1種、紹介したいです。

それはズバリ
「スマホ」の最新機種
です。

費用や流行り物が嫌い
といった理由ではありません。

スマホを手にする時間を
もっと減らし
自分にとってのスマホの重要性を下げる。
のが目的なのです。

デジタルミニマリスト
という本によると、
集中力の下降を引き起こす、
時間が溶ける様に過ぎる、
対人関係に悪影響を及ぼす、
など、
スマホによる人生への弊害
は計り知りません。

もちろんスマホは便利すぎて
手放すことはできません。
しかし、
スマホを使っていたら、
休みがいつの間にか終わっえいた。
あっという間に人生が終わってしまった。
では便利さを差し引いても、
スマホを持つメリットは少ないです。

物を使う上で、
何にでもバランスはありますが、
スマホは、
人の本能や性質を見抜いて、
人の弱みをついてきます。
スマホの構造上
目を離せないような機能
を持ち合わせているのです。

物を使うのか、
物に使われるのか。

この問いに胸を張って
正しく回答できるよう、
スマホの使用は
最小限に抑えたいものです。

おわりに:

QOLを上げる事を考えたり、
QOLを上げるアイテムを探したり、
そんなことが大好きです。

楽をするのは嫌いではなく、
楽をするために人間は
テクノロジーを発展させ、
その素晴らしさを享受し、
歴史を作ってきました。

新しい物にも、
古き良き物にも着目しながら、
これからも
使えるアイテム
をご紹介してくつもりなので、
本ブログにほんの少し、
時間をお割き下さると幸いです。

大樋町

大樋町

初めまして。
大樋町と申します。
「おおひまち」と読みます。
北陸地方住む、アラフォーの読書愛好家です。
日頃は通訳などを生業としております。
良い本は心の友。
私の友人たち(愛読書)から学んだことをアウトプットする場としてブログを書いております。
毎週、月曜日にブログを更新中。(少ないw)
ありがたい事に、
読者様が増えてきたから身を引き締めねばw

大樋町をフォローする
HOW TO
シェアする
大樋町をフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました