第143回【コラム記事】お金をかけない事【減らすことで豊かになる説】

自己紹介 自分紹介

はじめに:

管理人
管理人

こだわりって素敵ですよね!

趣味の様な物もそうだし、
人との付き合い方だって、
こだわりはあると思います。
必需品でもそうですし、
かけるべきところには
お金をしっかりかけるべきだと
私も思います。

一方で、
それにそこまでお金かけるの?
と、少し疑問に思う様な所に
お金をかけている人を見る事もあります。
そこまで必要あるかな?
とお金を出す事を躊躇してしまうこと。
心のどこかで要らないと分かっているのに、
やめられない物もあるかも知れません。

今回は、
私が思う『お金をかけない事』
を改めてアウトプットする事で、
生活の見直しの様な事ができればと思います。
お金をケチる。とは明らかに違う
『敢えてお金をかけない』という概念。

皆様にはどんなものがあるでしょうか?
比較して楽しんでもらえると幸いです。

お金をかけない事:

消耗品

単純に
『減っていく物には、
なるべくお金はかけません。』
だけだと面白みが無いので、
お金をかけ、
『こだわって使う物と、
そうで無い物があるよ。』
というお話しです。

ティッシュやハンカチなど、
消耗品と呼ばれている物は、
その名の通り後には残らず、
使いっぱなしで無くなってしまいます。
なので、
ほんのちょっとお金を足して、
柔らか素材のティッシュを使おう。
オーガニックなシャンプーを使おう。
と聞いても私はあまりなびかない様です。

服や食器なども、
消耗品に区別しています。
私はUNIQLOや100円ショップの
常連さんです。
こだわった物を
長い間使っている人に憧れて、
それなりに『良い物』で身を固めた時期も、
あるにはあるのですが、
遠慮なく使い倒せる物を好む。
と自分で気づいてからは、
くたびれてきたら新しい物を買う。
のサイクルでやってきました。

敢えて汚す必要も無いし、
物を粗末に扱え
と言っている訳でもありませんが、
汚れたり、破れたりしても構わない。
几帳面に気を使わないと用を成さない。
物たちに比べると、
どうしてもUNIQLOが性に合っていました。

ブランド物にこだわっても、
お金ばかりかかってしまい、
『このマーク無かったら、
雑貨屋で二千円だよなぁ』
と口を継いで出る様になってしまってからは、
あまりブランド品へに対する
憧れも魅力も無くなってしまいました。
しかもそこにはなんの後悔も無かったです。

物への執着は、
不幸へと繋がってしまう。
と言う言葉もあります。
効果な服を買った瞬間は幸福度が一瞬でも上がりますが、
あっという間に
それを持つ事に慣れてしまうのだとか。
「これがなきゃダメ」
を無くすことは、
そのまま幸福度にも繋がります。
消耗品と言えど奥が深く侮れません。

反対に、
私は
仕事で使う物
にはお金をかけたいタイプです。
経験から得た持論でもあります。

例えば
すごく良いペン
を先行投資で買ってしまうと、
そのペンを使いたくなるので、
仕事へのモチベーションが
湧きやすくなります。

スケジュール帳なども、
革製のカバーなどでカスタマイズし、
『さも触りたくなるアイテム』
に変えてしまう事で、
もて遊んでしまうついでに、
仕事にも手を出したくなる作戦
を採用しております。

必要以上に効果な物でなくとも、
コンビニで売って無い程度のアイテムでも、
随分と仕事のやる気を
上げてくれます。

仕事へのモチベーションが上がらないのら、
使うアイテムを少し豪華にしてみるのも、
面白いです。お試しあれ。

スマホ

私のここ数年のブームは、
何か新しい事に挑戦する。ではなく、
その反対。
体に悪い事を断つためや、
時間を増やすために、
『辞める事に挑戦する事』です。

一般的に
悪癖と呼ばれるものもそうですが、
『スマホ』を使う時間
も減らせたいものの代表かと思います。
最近、やっとの思いで、
スマホゲームとYouTubeを卒業しました。
YouTubeはまだ、試験段階ですが、
もう後一歩で卒業出来そうです。

スマホは便利すぎて、
完全に手放すことは不可能ですが、
ゲームとYouTubeを削っただけでも、
圧倒的に使用頻度は下がりました。

今使っているスマホは
2世代も前の機種ですが、
全く問題なく過ごせています。
元々トゥースペック感は否めず、
スマホの高機能を
使い切れていないくらいだったので、
むしろ何世代か前くらいの方が
丁度良いかも知れません。
使用頻度が下がったため、
不便さも全くありません。

新しいもの、良いものを追求すると、
上には際限が無く、しかしながら、
不幸まっしぐらの人は
これをやりがちだとか。

今あるもので満足するのは、
節約やこだわり以上に、
人を幸せにするのかも知れません。

飲み会

形式ばかりの飲み会
避ける様になりました。
よく聞く話ではあるのですが、
私も御多分に洩れず、
昨今の『多人数による飲み会は控えよう』。
という状況も助けになり、
不毛な飲み会は
ほとんど参加せずに済んでいます。

元々飲むタイプでも無いのですが、
古くからの友人との飲み会は割と好きです。

反対に、職場の忘年会や、
好きでも無い先輩や同僚から誘われる
アフターファイブの飲み会には、
ずっと辟易していました。

と言うのも、
断る事を嫌っていたから。
に繋がると思います。

今ここに来て、
なぜ飲み会を取り上げたかと言えば、
昨今の状況で、
飲み会を断りやすいことは事実だから。
に他なりません。

断る回数が減り、
断る理由もほぼ要らない
今の状況を利用して、
一度思い切って断ってみると、
その快適さに驚きました。

今の状況が続けば良いとは、
決して思いませんが、
今ある環境を逆手に取るのも一手です。

おわりに:

服や車や住む場所。
こだわってお金をかける事があるなら、
同じく、
こだわってお金を『かけない事』があっても良いはず。

こだわりが出せるなら、
お金をかけない事自体に胸を張り、
カッコつけたって良いはずです。

節約とも又違った概念。
皆さんにはどんなものがありますか?

これにはお金はかけないと言うポリシー。
これを持っていれば、
お金をかけないは、
ひもじさではなく、
それは誇りに早変わり。
大事に育むつもりです。

大樋町

大樋町

初めまして。
大樋町と申します。
「おおひまち」と読みます。
北陸地方住む、アラフォーの読書愛好家です。
日頃は通訳などを生業としております。
良い本は心の友。
私の友人たち(愛読書)から学んだことをアウトプットする場としてブログを書いております。
毎週、月曜日にブログを更新中。(少ないw)
ありがたい事に、
読者様が増えてきたから身を引き締めねばw

大樋町をフォローする
自己紹介 自分紹介
シェアする
大樋町をフォローする
本を読んで学んだ事をアウトプットしていくブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました