第33回【挫折への準備】不安で挫けそうになった時自分で見る記事【ストレス解消法】

自己紹介 自分紹介
スポンサーリンク

はじめに

今日は、自分がいつも使っている、
落ち込んだ時に自分を励ます方法を、
アウトプットしてみようと思います。

マナブさんという
YouTube界では屈指の有名なブロガーの方がいるのですが、
このマナブさんが、

落ち込むと自分を見失う。
だから、
自分が落ち込んだ時に振り返ってみて
自分で自分を励ませる動画を
自分の為に残しておく

と仰っていました。

心がボッキリ折れた時に備え、
自分を救う手立てを、
あらかじめ持っておくこと自体が、
自分を強くしてくれるとも言います。

今回は、将来、落ち込んで
判断力を失ってしまった自分のためにも、
もう一度立ち上がるための方法を
アウトプットしていきます。

自分用なので、文字装飾少なめです。

今ここから、
未来の大樋町へのメッセージ。

8個の立ち直りマップ

『ゲーム電卓 トライスリー』のCM動画を見よ

YouTubeで検索。見ろ。

そして思い出せ、

名前も知らない電車で居合わせた人が、
話していた。あのフレーズを。

野球で守備のフェーズ。

いつボールが、
自分の所へ飛んでくるか分からない。
もしミスをしたら、チームが負ける。
自分の評価も下がる。
単純に嫌だ。みんなそう思ってる。
だからこそ、
俺は、
ボールよ来るな。
ではなくて、
ボールよ、俺のところに飛んでこい。
と思いながら守備についてる。

不安は成長の糧かも知れない。
悩むべきことを悩むのは悪いことじゃないだろ?
悩みを迎え入れろ。
こっちへこい!

プロイドをズダズダにされ、築き上げてきた物が崩れる音がしてきても、それすら想定の内であると思い直す

すごい奴はいる。
ごまんといる。
だから何だ。
何もしなくていい理由にはならない。
成長マインドセットを思い出せ。
出来ないのではない。
「今は」出来ないと言い換えるんだ。
すると脳のシナプスが動き始める。
職場でズタボロにされても、
キミは立ち上がって来た。
すぐには無理かも知れない。
でも、立ち上がってきたのは、
まぎれも無い、事実だ。

プチ贅沢をゆるす

いつもは水道代節約していても、
この日ばかりは湯につかろう。
甘いもの大好きだろ?
この日ばかりは、OKだ。
食べ過ぎはさらに病むから、
ほどほどに。

自分の好きな「不幸な主人公の成り上がりストーリー」を持っておく

「シガテラ」
はまだ手元にあるか?
読め。

少なくてもその場にいた事を誇っていいと思い直す

何もせずに家にいたら、
心地いい場所にいるだけなら、
今抱えている
その悩みは胸になかったはずだ。
その悩みは、
前に進んだことの証明
行動を起こしたことの勲章
だ。
その場に『いた』自分を今こそ
誇らしく思うべきだ。

身体の問題はメンタルから、メンタルの問題は身体からアプローチせよ

もし、メンタルが傷ついたなら、
バランスを意識して、
身体を動かせ。

片足立ちのヨガがいいだろう。

身体が動きたくないと言いだしたら、
『ちょっとだけで良いよ』
とメンタルから身体に教えてあげて欲しい

完璧主義はやめて
腰軽く、
素早く立ち上がり
すぐに休め。
たくさん休憩を入れろ。

寝ろ

寝ろ。
その日だけでは足りない。
毎日、たくさん眠る事。

ベッドの中で悩んで眠れない?

ベッドの中で悩むと解決するのか?

悩むのは起きてからだ。

行動はベッドを出てからだ。

ベッドに入ったら眠ること。

よく休む様に。

問題を粉々に細かくして、解決するんじゃない、『今君にできること』をせよ

目の前の課題を

手を付けられるようなところまで

細かく分解しよう

解決するのではなく

できることをひとまずやってみよう。

おわりに

自分で、自分を励ますとポイントは、
『もし、友達が同じ悩みを持っていたら、
どう励ますのか?』
を、意識する事です。
人は、自分には厳しい生き物。
傷ついた時くらいは、
友達に見せる優しさを、
自分にも発揮してみよう。

『未来の大樋町

今どこにいますか?

この投稿を見ていると言うことは

何か問題がありますか?

どこにいようと、

今の大樋町は、

あなたの事を

ここからいつでも応援しています。

はっきり言って、めちゃくちゃ恥ずかしいことを書いてます。

こんな思いまでして、残したメッセージだから、

どうか思いが伝わりますように。

未来の私へ、笑わないように。』

大樋町

大樋町

 初めまして。大樋町と申します。「おおひまち」と読みます。
 私は、北陸地方住みのアラフォー社会人男性、読書愛好家です。
 実用書、小説問わず、子供の頃から本が好きで、私の人生、その傍らには常に本がありました。
 ずぼらで陰キャな私ですから、学生時代にいじめにもあったし、大人になってからもストレス性の病気で入院。なんてこともありました。
 そんな時でも、私を救ってくれたのが、実用書からの知識や、壮大なストーリーの小説達でした。
 ただ本を読むより、ちゃんと内容を理解して、それを生かすためにアウトプットする。
 そして、それをブログにアップすれば、そのまま情報共有できるじゃないか。との思いでこのブログを始めました。
 もっと言うと、こんなずぼらで陰キャな私でも、少なくてもブログをスタートし、新しい分野に一歩を踏み出せました。これも、本から学んだことがきっかけであり、その思いを共有できたらとの思いもあります。
 何の実績もない私ですが、ゆっくりコツコツと、自己成長を習慣化してきました。
 そして、これからも一歩一歩自己成長していきたい。できれば読者の皆様と。
 懇切丁寧を心がけてブログを運営していく所存です。
 皆様どうぞよろしくお願い申し上げます。

大樋町をフォローする
自己紹介 自分紹介
シェアする
大樋町をフォローする
本を読んで学んだ事をアウトプットしていくブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました